NettyLandについて

  • netty

    NettyLandは「地球・子ども・学校をむすぶwebサイト」。子どもの未来にとって最良の出会いがあることを願い、日本全国の中高一貫校の情報を発信しています。

2008年5月28日 (水)

上智大で6月1日「東京エリア/カトリック学校フェア2008」開催

6月1日(日)には、東京・四谷の上智大学で「東京エリア/カトリック学校フェア2008」が開催されます。
20080527web
参加校は、浦和明の星女子、カリタス女子、暁星、光塩女子学院、晃華学園、サレジオ学院、白百合学園、聖心女子学院、聖ドミニコ学園、星美学園、聖ヨゼフ学園、東京純心女子、東星学園、目黒星美学園、横浜雙葉の15校。

東京と隣接エリアのカトリック校のほとんどが一堂に集う、こうした集まりは、めったにない貴重な機会。カトリック校の教育に関心のある方は、ぜひご参加いただければと思います。当日のプログラムは下記のとおりです。


■□■□■「東京エリア/カトリック学校フェア2008」■□■□■

●日時 6月1日(日) 9:30~15:00〈予定〉

●会場 上智大学四谷キャンパス 12号館〈四ツ谷駅側の北門を入ってすぐ右手の新しい建物。ただし大学の休日の安全管理規定により当日のご入場は正門からのみとなります〉

●プログラム
1.9:40~14:45 参加校・学校別ミニ説明〈5階502教室・1階102教室〉
各校15分程度の説明を、午前・午後に各1回予定しています。
  
2.9:30~15:00 個別相談会〈2階201教室・202教室〉
会場に1フロア、個別相談会場を設けています。資料のみお持ち帰りいただくことも可能です。

3.11:20~12:00 上智大学による教育講演
上智大学には、カトリック系中高との連携の試みのひとつとして、今回のフェア会場をご提供いただきました。上智大学がカトリック学校向けに行っているAO入試などについてもお話いただきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

私学の中高一貫教育に関心を持つ方であれば、どなたでも参加できます。低学年のお子さまをお持ちの皆さまも、ぜひご参加ください。

参加の事前お申し込みは不要です。直接会場にお越しください。詳しいご案内は、同フェアのWebサイトでご紹介しています。
(NTS教育研究所/北 一成)

2007年12月 5日 (水)

なぜ「スーパー併願校」という表現を使ったの?

03  明後日の12月6日(木)に麹町学園女子中学校で開催する「女子スーパー併願校~いま、選ばれる私学~」という合同講演会について、朝日新聞の記者の方から電話で質問を受けました。「なぜ、スーパー併願校という言い方をしたのですか?」というご質問でした。聞けばその記者の方も、ご自身で中学受験を体験し、いまも私立中高一貫校や中学入試の状況に関心を持ってくださっている様子でした。

実はこの講演会は、今年度の5月から「クリエイティブ・スクールを探せ!」というタイトルで実施してきた講演会シリーズの第6弾(今年度の最終回)で、そのシリーズのサブタイトルは「より良い中学受験のために~偏差値にとらわれない学校選択~」と謳ってきました。

まず「偏差値にとらわれない学校選択」とは、中学受験に関わってきた私たちが常に強調し続けてきたことです。しかし、その一方で私たちが、受験生がそれぞれの志望校への合格の可能性を探るために、偏差値という「合格のための目安」を積極的に利用することをお勧めしてきたことも事実です。

一見、矛盾するようなことを訴え続けてきたわけですが、それを「両立させることは可能」だと私たちは信じています。つまり「偏差値を利用はしても、偏差値にとらわれないこと」が大事だということです。「たかが偏差値、されど偏差値」といった表現で、その意味を保護者にお伝えしたこともあります。

次に「スーパー併願校」という表現を使ったことの意味は、いくつかありますが、第一には、私たちのような進学塾関係者は、「併願(=いつくかの学校を併せて出願・受験すること)」という言葉や、「併願校(他の学校と併せて出願・受験する学校)」という言葉を、実はネガティブな意味で使っているわけではありません。

中学入試には、全体に「併願受験がしやすい」状況が生まれたことによって、全体が活性化し、同時に受験生には受験~合格のチャンスが数多く与えられ、それによって個々の学校も意欲的で優秀な受験生を多く集めることで、レベルアップを実現してきたという側面があるからです。

しかし、いくら「併願受験が当たり前になった」とはいえ、受けられればどこの学校でもよい、というわけではありません。受ける以上は、受験生と保護者にとって「価値ある」受験校でなければ、わざわざ選ぶ意味がありません。それゆえ、多くの進学塾のスタッフや私たちは、第1志望校だけでなはく、「併願校選び」の大切さを強調するわけです。

20071201web受験生と保護者にとって価値ある併願校とはどんなものか? それを熟考して、受験生のご家庭でもひとつのヒントとして参考にしていただくために、私たちは今回、あえて「スーパー併願校」という表現を、この講演会のテーマに掲げました。

そして、①受験生にとって「受けやすい」入試を用意し、②それとともに「望まれる教育展開」を工夫し、③その両面によって期待や注目(=人気)を集め、④結果的に入試レベルをアップさせ、世間の評価も高めていく。
こういう成長のサイクルを実現している私学を、私たちは「スーパー併願校」とここでは定義しました。

今回、ご参加いただく5校は、会場校の麹町学園女子中をはじめ、十文字中東京女子学園中中村中八雲学園中の5校。

いずれもこうした条件を満たし、実際に多くの人気と注目を集めている女子進学校です。もっとも、これらの学校以外にも、同じような要素を持つ私学はいくつもあると思います。しかし今回は、この女子校5校の特色や取り組みを知っていただくことで、他の私学を理解するための参考にもしていただけることと思います。

いまこそ「スーパー併願校」に注目してほしい時期。「なに、それ?」と疑問に思った方には、ぜひ講演会場に足を運んでいただきたいと思います。

【関連記事】12月6日、大人気の女子校5校が一堂に集う合同講演会が開催!

2007年11月16日 (金)

まだ間に合う! 11月17日(土)開催、「新しい学びに取り組む女子校」合同講演会

私学を知るサイト「Netty Land」が企画・開催する、『クルエイティブ・スクールを探せ!』シリーズ講演会の第5弾は、明日11月17日(土)に実践女子学園で行われる、首都圏の中学入試でも人気の高い女子進学校5校による「新しい学びに取り組む女子校」合同講演会です。

20071110web 私立女子校のなかでも、女子生徒の可能性を引き出し、大きく伸ばしてくれるような「新しい学び」のスタイルを導入している学校が参加してくれます。

この「新しい学びに取り組む女子校」合同講演会は、11月17日(土)、10:00から開催。会場の実践女子学園中学校は渋谷駅から徒歩10分です。
当日のプログラム概要と参加校は以下のとおりです。

●テーマ/「新しい学びに取り組む女子校」合同講演会
    ~女子の可能性を広げるプログラムとは?~

●日時/11月17日(土)、10:00~12:00
●会場/実践女子学園中学校
●参加校/共立女子、実践女子学園、品川女子学院、白梅学園清修、洗足学園

21世紀は、女性のさらなる活躍が期待される時代。
そうした次代を担う女子の可能性を大きく伸ばすために、既存の枠組みを乗り越え、女子のための「新しい学び」に取り組んでいる私立女子校の教育展開が、いま注目を集めています。そうした女子校の教育に関心のあるご家庭にとって、絶好の機会です。
私学の中高一貫教育に関心を持つ方であれば、どなたでも参加できます。低学年のお子さまをお持ちの皆さまも、ぜひご参加ください。

●プログラム
1.時代を先取りする私立中高の女子教育
~女子の可能性を大きく広げる新たな教育展開~
10:00~10:15(15分)
NTS教育研究所上席研究員/北 一成

2.ご参加校/学校別ミニ説明
「女子が高い目標を持って伸びていくためには?」
~わが校の教育のあり方と女子の活躍のエピソード~
10:15~11:30(75分)
・共立女子の紹介
・実践女子学園の紹介
・品川女子学院の紹介
・白梅学園清修の紹介
・洗足学園の紹介

3.教えてください! 女子進学校の学校生活
~学習面、学校生活、親の関わり方など、何でも聞いてみよう~
11:30~12:00(30分)
ご参加5校の先生方への壇上Q&Aトーク
ナビゲータ……NTS教育研究所

―――――――― < 講演会終了 > ――――――――

4.参加校の先生方に相談してみよう ~個別相談会〈希望者のみ〉~
12:10~13:00(約50分間)
※ご希望の人数と、先生方のご都合によっては、時間内に相談できない場合もありますので、その点はご了承ください。

最近のトラックバック