NettyLandについて

  • netty

    NettyLandは「地球・子ども・学校をむすぶwebサイト」。子どもの未来にとって最良の出会いがあることを願い、日本全国の中高一貫校の情報を発信しています。

« [多くのアスリートが動いた「いま、自分たちができること」] スポーツ界からの被災地への声援 | メイン | 私立中高一貫校160校の“リアルクラブ事情”を一挙にご紹介します! »

2011年6月28日 (火)

[ いまを生きる思いを、それぞれの胸に抱いて…。]遅れてきた“スポーツの春”

3月11日の東日本大震災によって、各地で延期や中止を余儀なくされた各種のスポーツの大会や公式試合、発表会。それは、プロスポーツの世界だけではなく、中高生のスポーツでも同様だった。

そのため、例年ならばこの時期の土日や春休みの期間に、電車や駅でよく見られた、早朝から大会や練習試合などに向かう中高生の姿を見かけることが、今年の3月中はほとんどなかった。

春休みを利用して、集中的に練習や活動に取り組めるはずの時期だっただけに、この間、しばらくエネルギーを持て余した中高生も多かったことだろう。

それから二ヶ月以上が過ぎた現在、被災地の復旧・復興はまだまだ途上で、原発事故の事態も収束してはいない。それでも、被害の少なかった各地では、例年のような、「春(初夏)のスポーツのシーズン」を取り戻しつつある。

震災から間もなく、3月23日から開催された、高校野球の「春の選抜(第83回選抜高校野球)大会」では、東海大学付属相模高(神奈川)が、みごと11年ぶり2度目の優勝を果たした。この大会には、日本大学第三高(東京)、国学院大学久我山高(東京)、横浜高(神奈川)などの私立中高一貫校も出場。被災地から代表として出場した東北高(宮城)には多くの声援が寄せられ、健闘が注目された大会だった。

「私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。……人は、仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。私たちに今できること それはこの大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。がんばろう日本。生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います」という、創志学園・野山慎介主将による選手宣誓は、多くの人々に感動を与えた

関東エリアの中高のスポーツの多くでは、従来ならこの3月から5月にかけて、その後、6月~7月に行われる関東大会への出場権をかけた、都道府県予選が行われてきた。今年はそれも一時中断していたケースが多かったが、それらの種目の予選大会も、4月に入って再開された。

高校サッカーの関東大会予選では、東京では帝京高が準優勝し、第二代表として出場権を獲得。ほかにも、バレーボールやバスケットボールなどの球技をはじめ、各種のスポーツの関東大会予選が、4月から5月にかけて各地で行われている。

そうして再び、首都圏でも電車の車内や駅で、スポーツウェア姿の中高生の姿が再び見られるようになって、少しほっとした気持ちになったのは筆者だけだろうか。

春から初夏にかけては、やはり中高生のスポーツ活動が一年のなかでも盛んになる時期。まだ、日本全体が被災の傷跡を大きく残している大変な時期であることには変わりないが、せめてスポーツができる地域の中高生は、この二度とない10代のかけがいのない時期だからこそ、各自の好きな種目に打ち込んでほしいと思う。

一時期は節電・自粛のために開催を中断や延期にしていたプロスポーツの世界も、4月からは再スタート。プロ野球では東北楽天イーグルス、サッカーJリーグではベガルタ仙台という、ともに本拠地を宮城県(仙台市)に置く両チームが、被災地の人々とファンへの思いを胸に、スタートから善戦を見せてきた。

震災で3月から延期になり、開催地を東京からモスクワに移して4月24日から5月1日にかけて行われた、フィギュアスケートの世界選手権大会では、安藤美姫選手が女子シングルでみごと金メダルを獲得。日本人に勇気と感動を与えてくれた。

今年は少し遅れてきた「スポーツの春」。そこで日本人のアスリートの活躍が、被災地と日本の人々に勇気を与えてくれるのと同じように、同じ日本の中高生のスポーツに打ち込む若々しい姿が、明日への希望を感じさせてくれることを期待したい。

【初出:NettyLandかわら版2011年6月号】
(北 一成)

Rikujho_kanto2008_02

▲2008年には駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場で行われた高校陸上競技の関東大会

Volley_kanto2010_01

▲2010年には町田市で行われた高校男子バレーボールの関東大会

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/497003/28060121

[ いまを生きる思いを、それぞれの胸に抱いて…。]遅れてきた“スポーツの春”を参照しているブログ:

最近のトラックバック